fc2ブログ

エラワンミュージアム(バンコク)バンコク東部サムットプラカーンに現れる三頭の巨大な神象

2015年1月23日 サムットプラカーンクロコダイルファーム&ズーを見学後、三頭の巨大な像で有名なエラワンミュージアムに行ってみた。駐車場と博物館が離れているのでちょっと分かりずらい。巨大な像は遠くからでも見えるのだが。
エラワンミュージアムの面積は約6へクタール、土台部分も含めたエラワン象は高さ43メートル、幅12メートル、奥行き39メートルで重さは頭部と胴体部を併せると250トンに達する巨大なもので、1994年に工事が開始され、神像の建設だけで4年の歳月が費やされました。
三つの頭を持つエラワン象は勿論想像上の生物でヒンドゥー神話に出てくるインドラ神(帝釈天)が乗る天上界の神象です。象と象の乗る土台部分は内部が空洞になっており、土台部分の地下は博物館の歴史や建設に関する品々とタイや中国の古美術品の展示階(ナーガ神界)、地上部分は世界地図と星座を描いたステンドグラスを持つドームのような構造で東西の古美術品と世界に平和と安寧をもたらす宗教と徳の描かれたアートの展示階(人間界)、象の内部には右後ろ足から頭部へ昇る螺旋階段があり、最上階は仏舎利や様々な時代の仏像が展示される寺院(ダーウドゥン天上界)になっていて、壁や天井にはテンペラ技法により宇宙が描かれている。
またこの象を取り巻く庭園にはタイの伝統文学に登場する植物や希少な植物が植えられ、芸術作品も多数展示されていて遊歩道もあるので散歩をするには絶好の場所。
入場料は外国人が大人・子供共400ーツで、タイ人は150バーツ
駐車場はやや離れた高速道路下にあるが、カートが運行されている(20バーツ)。徒歩でも可

483.jpg
484.jpg
489.jpg
490.jpg

土台部分の博物館入口
491.jpg
492.jpg
最上階(エレベーター有)
497.jpg
499.jpg
近くに高速道路
501.jpg
エレーベータを使わなければ、この階段を上り下り
502.jpg
建造時の写真
504.jpg
506.jpg
508.jpg
庭園の池にいたカメ
511.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bobymick

Author:bobymick
北タイや周辺国の旅を趣味にしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR